甘楽町歴史民俗資料館

御案内 観光 自然 温泉 食事・特産
甘楽町歴史民俗資料館
甘楽古代館
雄川堰
小幡八幡宮
高橋家
喰い違い郭
松平家の大奥
名勝楽山園
宝積寺
松井家
那須庵
織田宗家七代の墓
吹上の石樋
城下町小幡七福神めぐり

甘楽町歴史民俗資料館

 資料館の建物は、この地方の養蚕の最も盛んであった大正15年(1926年)に組合製糸小幡組の繭倉庫として造られたものです。その後、農業会、農協に移管されて、穀物や肥料などの倉庫になっていましたが、昭和59年に町が買い受け、翌60年文化庁の指導によって歴史民俗資料館に改装しました。小幡陣屋大手門の位置にあって、このレンガ造りの建物は、養蚕最盛期を象徴する建物として、昭和61年町の重要文化財に指定されています。

主な展示品 ・上州明珍重則作の兜 ・小幡氏紋付朱備え具足
・織田家臣禄 ・円空の木彫仏像 ・学問のススメ(初編)
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡852−1
電話番号 0274−74−5957
入場料 一般200円(150円) 小中学生100円(50円)
開館時間 午前9時から午後4時30分まで
休館日 月曜日、国民の休日の翌日
年末年始(12月29日から1月3日)
交通案内 上信電鉄上州福島駅から2キロメートル
上信越自動車道富岡インターチェンジから5分
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
甘楽町観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク