甘楽町観光ガイド

御案内 観光 自然 温泉 食事・特産
甘楽町歴史民俗資料館
甘楽古代館
雄川堰
小幡八幡宮
高橋家
喰い違い郭
松平家の大奥
名勝楽山園
宝積寺
松井家
那須庵
織田宗家七代の墓
吹上の石樋
城下町小幡七福神めぐり
甘楽町の自然
名勝「楽山園」
甘楽ふるさと農園
かぶらウォーターランド

甘楽町観光ガイド

 北西は富岡市、南は藤岡市と接します。南部の山間地から流入する雄川や天引川などの小河川が、北部で鏑川(かぶらがわ)へそそぎ、平坦な扇状地を形成します。1959年(昭和34)、小幡町、新屋村、福島町の一部が合併して成立。面積は58.57km2。人口は1万5,006人(2002年)。

 中世から豪族の小幡氏がおさめ、江戸時代は織田氏(のちに松平氏)小幡藩20000石の陣屋町として繁栄しました。藩邸や武家屋敷、楽山園などの庭園がきずかれ、雄川にもうけられた雄川堰(ぜき)は歴代領主が水奉行をおいて管理したもので、現在も名水100選に選定される清流をたもちます。古い町並みは保存状態もよく、観光にも利用されています。産業は明治期に発展した製糸業が衰退し、施設園芸の野菜やキーウィ・フルーツ、リンゴなどを産する都市近郊農業が盛ん。

古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
甘楽町観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク